祈祷-出雲大社埼玉分院

神恩感謝とは

神道の原点は自然崇拝。この世界に存在するもの全ては「神様からのいただきもの」と考えます。生活の道具は単なる「物」ではなく、神様から授かった「もの」。物質的な「物」を大切にする気持ちを持ち、「もの」に対する感謝を日々行うことが本当の幸せを導くと言えます。

生かされて 生きるや 今日のこの命
天地(あめつち)の恩 限りなき恩

(神様に生かされて 生きている今日の この命 天と地の恩はこれ以上ないほどの恩である)という言葉にあるように神様に日々生かされていることを感謝し、感謝の気持ちをお祈りするのが「神恩感謝」です。

日本人の生活と「神恩感謝」

日本人の生活には「神恩感謝」の考え方がいたるところに見られます。

神頼み

感謝の気持ちを忘れなければ、神頼みはしてもよいと考えられています。「苦しい時の神頼み」ではなく、謙虚に一日の安寧を感謝し、「日々、神頼み」をすることが大事です。
神頼みしたからといって、勉強しなければ、試験には受かりません。努力なしの神頼みは叶わないのです。願いの成就に関わらず、必ず神様に感謝をしましょう。願いが叶わなくても、仕方ないことと謙虚に受け止めて、何かを学ぶ姿勢が大切です。

いただきます

食前の挨拶「いただきます」は、「いただく」という頭の上にものを捧げる最高の敬意を表す動作です。お米を作ってくださったお百姓さんやご飯を与えてくれた親への恩、天地自然の恵み、天地に存在する「神」、いろいろなものへの感謝の気持ちがこの言葉には含まれています。「いただきます」は単なる挨拶ではなく、祈る心なのです。

おかげさま

「おかげさま」の「おかげ」というのは、神様や他人からいただいた恩恵を意味します。「おかげ」に「さま」をつけて、丁寧にしたのが「おかげさま」。神様や周りの人たちに対する感謝の気持ちが込められています。
神社にお参りの際には、まずは感謝しましょう。

ありがとう

感謝をして生きていれば、心は穏やかになります。まずは「ありがとう」と口にしてみましょう。自然や目に見えないものへの感謝は神様に通じ、心に平穏をもたらします。

私たちは日々、目に見えるもの、目に見えないもの様々なものに感謝しながら生きています。当たり前のことへの感謝の気持ちを持てることは、とても幸せなことです。「ありがとう」と口にすることは言霊(言葉には力があるという考え方)の発動です。

祈祷「神恩感謝」

出雲大社埼玉分院では、「神恩感謝」の祈祷を随時承っております。日々生かされていることに感謝し、感謝の気持ちをお祈り致しましょう。

令和2年12月の御朱印頒布

新社殿の完成と出雲大社埼玉分院への昇格に伴い、令和2年1月より御朱印のデザインを一新いたしました。新型コロナウィルスの感染予防対策をして、頒布いたします。

頒布概要

頒布期間 令和2年12月1日(火)~31日(木)
受付時間 9:00-17:00
初穂料 各1,000円
体数 御朱印紙は各200体限定
※お一人様につき各一体ずつ
おさがり ひとくち生姜糖

12月の限定御朱印の頒布予定

「師走限定御朱印」は、下記のデザインです。「師走限定御朱印紙」の里紙は「梅」色となります。

師走限定御朱印(直書き)

師走限定御朱印紙

干支限定御朱印紙(霜月・師走)出雲大社埼玉分院

干支限定御朱印紙(霜月・師走)荒船神社

12月の赤口の日限定御朱印の頒布予定

5日(土)・11日(金)・16日(水)・22日(火)・28(月)

【赤口限定御朱印(直書き)】

【赤口限定桃色の御朱印紙】

ご注意事項

  • 御朱印紙は各200体限定の頒布です。
    「干支限定御朱印紙」は全て印刷です。
    「赤口限定御朱印」は一年間、同じデザインです。
    各御朱印は原則、お一人様につき各一体の頒布とさせていただきます。
    二度並びはご遠慮下さい。
    転売目的の方はご遠慮下さい。

1月の戌の日(安産祈願の日)

「だいこくさま」は、むすびのお力により、お母様と赤ちゃんのご縁を結んで下さいました。その感謝と、今後のお母様の体の安全と赤ちゃんが無事に生まれてくることをお祈り致します。

1月の戌の日

2日(土)、14日(木)、26日(火)

たくさんの子を産み、お産が軽い犬は、昔から安産の守り神として人々に愛されてきました。それにあやかり、安産祈願は妊娠5カ月目頃の「いぬの日」に行います。

※腹帯はご用意しておりませんため、お越しの際は腹帯をお持ち下さい。

12月の戌の日(安産祈願の日)

「だいこくさま」は、むすびのお力により、お母様と赤ちゃんのご縁を結んで下さいました。その感謝と、今後のお母様の体の安全と赤ちゃんが無事に生まれてくることをお祈り致します。

12月の戌の日

9日(水)、21日(月)

たくさんの子を産み、お産が軽い犬は、昔から安産の守り神として人々に愛されてきました。それにあやかり、安産祈願は妊娠5カ月目頃の「いぬの日」に行います。

※腹帯はご用意しておりませんため、お越しの際は腹帯をお持ち下さい。

1月の赤口の日(縁むすびの日)

だいこくさまは、縁むすびの神様として広く知られています。特に男女の縁(恋愛成就)を結んで下さいます。出雲大社埼玉分院では、赤の字が入っている赤口の日を、縁むすびに縁起の良い日としています。「運命の赤い糸」に導かれ「縁むすびの糸口」がきっと見つかるでしょう。

1月の赤口の日

3日(日)、9日(土)、13日(水)、19日(火)、25日(月)、31日(日)

まずは、出雲大社埼玉分院に足を運んでいただき、神様に手を合わせてみましょう。ご挨拶と今までの人生の感謝をし、「縁むすび」のお願いをしましょう。
また、縁むすびの祈祷も随時承っております。社殿の中に入り、荘厳な雰囲気の中でより一層神様の御神徳を感じられるはずです。

12月の赤口の日(縁むすびの日)

だいこくさまは、縁むすびの神様として広く知られています。特に男女の縁(恋愛成就)を結んで下さいます。出雲大社埼玉分院では、赤の字が入っている赤口の日を、縁むすびに縁起の良い日としています。「運命の赤い糸」に導かれ「縁むすびの糸口」がきっと見つかるでしょう。

12月の赤口の日

5日(土)、11日(金)、16日(水)、22日(火)、28日(月)

まずは、出雲大社埼玉分院に足を運んでいただき、神様に手を合わせてみましょう。ご挨拶と今までの人生の感謝をし、「縁むすび」のお願いをしましょう。
また、縁むすびの祈祷も随時承っております。社殿の中に入り、荘厳な雰囲気の中でより一層神様の御神徳を感じられるはずです。

出雲大社埼玉分院八柱支部完成イベント

法要館(所在地:千葉県松戸市)敷地内に完成した出雲大社埼玉分院八柱支部にて、島根・出雲大社の神在祭(かみありさい)の期間に合わせて、感謝祭イベントを11月23日(月祝)〜12月1日(火)まで行います。

参加無料・参加自由

この感謝祭は、島根・出雲大社の神在祭(かみありさい)の期間に合わせて行います。
地域の方々の心をより豊かにし、出雲の大きなご縁を結んでいただくことを願い、先着100名様に、福銭(ふくせん)の無料頒布(むりょうはんぷ)を行います。
また、「神在祭御朱印紙(かみありさいごしゅいんし)」の特別頒布も行います。(11/24~)
詳細については、下記リンクよりご覧くださいませ。

神様との付き合い方

神様であれ人であれ、感謝された相手は「幸せな気持ち」「うれしい気持ち」になります。また、感謝の気持ちはそれを抱いた人にも心の平穏と幸せをもたらします。神様と人との関係は、人間同士の関係と同じなのです。

人間同士が感謝することで、「もっとその人の力になりたい」と思うように、神様と人間に関しても、同じことが言えます。接する機会が多くなればなるほど、つまり神棚や神社に手を合わせる回数が多ければ、多いほど神様との関係が深まるのです。人間同士の関係が深まるように、神様とのご縁を深めることで、神様はご加護を授けて下さいます。

神社では、春に稲の豊作を祈る「祈年祭(きねんさい)」が行われ、秋には収穫を感謝する「新嘗祭(にいなめさい)」が行われます。
神道では、「お願いすること」と「感謝すること」は必ず対です。神職が奏上する祝詞も祈願と感謝で成り立っているのです。

令和2年11月の御朱印頒布

新社殿の完成と出雲大社埼玉分院への昇格に伴い、令和2年1月より御朱印のデザインを一新いたしました。新型コロナウィルスの感染予防対策をして、頒布いたします。出雲大社の神在祭の神事に合わせて、期間の各日に限定の御朱印と御朱印紙を頒布致します。詳細は神在詣ページをご覧ください。
※11月は神在詣のため、 直書き御朱印の頒布期間が通常と異なりますのでご注意ください。

頒布概要

頒布期間 令和2年11月1日(日)~30日(月)※
受付時間 9:00-17:00
初穂料 各1,000円
体数 御朱印紙は各200体限定
※お一人様につき各一体ずつ
おさがり ひとくち生姜糖

※霜月限定御朱印(直書き)の頒布は、11月1日(日)~23日(月)となります

11月の限定御朱印の頒布予定

「霜月限定御朱印」は、下記のデザインです。「霜月限定御朱印」は「出雲大社埼玉分院」のアイコンは「蒲に兎」です。また、「霜月限定御朱印紙」の里紙は「うり」色となります。

霜月限定御朱印(直書き)

霜月限定御朱印紙

干支限定御朱印紙(霜月・師走)出雲大社埼玉分院

干支限定御朱印紙(霜月・師走)荒船神社

11月の赤口の日限定御朱印の頒布予定

1日(日)・7日(土)・13日(金)・17日(火)・23(月)

【赤口限定御朱印(直書き)】

【赤口限定桃色の御朱印紙】

神在詣期間の限定御朱印

出雲大社の神在祭の神事に合わせて、期間の各日に限定の御朱印と御朱印紙を頒布致します。御朱印紙についてはオンライン授与でも承ります。

ご注意事項

  • 「干支限定御朱印紙」は全て印刷です。
    「赤口限定御朱印」は一年間、同じデザインです。
    各御朱印は原則、お一人様につき各一体の頒布とさせていただきます。
    二度並びはご遠慮下さい。
    転売目的の方はご遠慮下さい。

神在詣ページを公開しました

出雲大社埼玉分院では、神在祭期間にお参りいただくことを「神在詣かみありもうで」と呼んでいます。この機会にご参拝いただき、埼玉の小さなおやしろから出雲の大きなご縁を結んで下さい。「神在詣」では「神在祭御朱印」を特別に頒布致します。

神在詣(神在祭)期間

令和2年11月24日 – 12月1日