御朱印ごしゅいんとは、神社などにおいて参拝者向けに押印される印章およびその印影です。もともとは参拝者に信仰の証としてお渡ししていたものでした。御朱印はご神体の分身であるという考えがあり、神聖なものとして大切にされてきました。御朱印は神社とご縁を結ばれた証でもあります。